COCOちゃんブログ
TV・映画

藤井道人は結婚して子供はいる?プロフィールや経歴・代表作など紹介!

映画監督の藤井道人(ふじいみちひと)さん。

映画『ヤクザと家族 The Family』など、数々のヒット作品の監督として有名ですね。

さらに、2019年公開の映画「新聞記者」で日本アカデミー賞の最優秀監督賞をとられました。

俳優さんからも『今一番撮ってもらい映画監督』なんだそうです!

今一番、旬な映画監督さんの一人ですね!

そんな藤井道人さんのプライベートも気になりますね

そこで今回は

・藤井道人は結婚している?
・藤井道人の経歴や代表作を紹介!

について調べてみました。

藤井道人は結婚している?

藤井道人さんは結婚されていて、奥様と子供がいます。

2019年6月のインタビューで、3歳の子供がいると答えていました。

2年前のインタビューなので、現在は5歳になっていますね(*^-^*)

「僕も結婚した3歳の子供がいるのですが、自分と同世代で、子供を持つようになって結婚したときに、今までは夢だの目標だのと言ってたけれど、家賃や税金だといろんなしがらみがある。」

参考:映画「新聞記者」のインタビュー

以降の子供についての発言は確認で以降の子供についての発言は確認できていませんが、もしかしたら第2子もいらっしゃる可能性もあるかもしれませんね

藤井道人のプロフィールや代表作など

【名前】 藤井道人(ふじいみちひと)
【生年月日】 1986年8月14日
【出身地】 東京都
【高校】 立正大学付属高等学校卒業
【最終学歴】 日本大学芸術学部映画学科卒業
【職業】 映画監督、脚本家【師匠】脚本家の青木研次氏
【所属事務所】BABEL LABEL・ヒラタオフィス

 

藤井 道人監督は幼い頃から高校卒業まで剣道三昧だったそうです。

剣道を始めたのが3歳で小学校5年生の時には、東京都で準優勝されたという腕前の持ち主!

私立立正大学付属立正高校に入学は、通っていた道場の先生が立正高校の卒業生だった縁で入学したそうです。

しかし 立正高校在学時に映画に興味を持ち始め、毎日近所のTSUTAYAで映画をレンタルして観るようになったことで人生が大きく動きはじめました。

そして将来は、「映画監督になりたい!」と思うようになったそうです。

高校卒業後に、日本大学芸術学部映画学科に進学して映画製作に没頭する生活を送ったそうです。

大学生でありながら入江悠監督や鈴木章浩監督の作品に助監督として参加することができ、

また、脚本家の青木研次さんから脚本について学びました。

そして、19歳から映像クリエーターとして活動を始めると、大学卒業後はフリーとして活動した後、映像集団「BABEL LABEL」を映像作家の志真健太郎氏と共に設立します。

伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』(2014)で、監督デビューします。

藤井道人の代表作品は?

2018年:青の帰り道
2019年:デイアンドナイト
2019年:新聞記者
2020年:宇宙でいちばんあかるい屋根
2021年:ヤクザと家族 The Family

とくに2019年公開の「新聞記者」は政治問題を大々的に取り上げ話題になりましたね。

第43回日本アカデミー賞では、

最優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞の主要3賞を受賞されています。

当時33歳での受賞すごいですね!!!

2022年3月には小松奈々さん、坂口健太郎さんW主演の「余命10年」が公開予定です。

さらに映画全編で音楽を担当するのがRADWINPSということで映画公開が待ち遠しいですね!

まとめ

藤井道人は結婚して子供はいる?プロフィールや経歴・代表作など紹介!と題しまして

【映画監督】藤井道人は結婚されているのか?プロフィールや代表作など検証してみました。

結婚はされていて5歳になるお子さんもいらっしゃるようです。

33歳の若さで第43回日本アカデミー賞を受賞!

2022年3月には小松奈々さん、坂口健太郎さんW主演の「余命10年」が公開予定ですね💓

これからの活躍がますます楽しみですね!!!

最後まで読んでくださりありがとうございました。