COCOちゃんブログ
人物

松本人志の裁判の弁護士は田代正弘!早稲田大学卒の元検察官の過去や評判も

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

2024年1月22日、ダウンタウンの松本人志さんが【週刊文春】の発行元文藝春秋を提訴したことがわかりました。

松本人志さんは裁判が終わるまで休業を発表していますが、松本人志さんの弁護を担当する方担当するのが元検察官の田代正弘氏です。

田代正弘さんは、どんな方なのでしょうか?

出身大学や経歴そして検察官辞職の過去や評判についてて調べてみたいと思います。

この記事では

  • 松本人志の裁判の弁護士は田代正弘!
  • 田代正弘は早稲田大学卒の元検察官の過去について!
  • 田代正弘の評判は?

についてご紹介していきたいと思います。

松本人志の裁判の弁護士は田代正弘!

松本人志さんの弁護士を担当するのは、八重洲総合法律事務所所属の田代正弘弁護士です。

田代正弘弁護士の経歴プロフィールを紹介してきます。

年齢 1967年1月生まれの56歳
1990年 早稲田大学社会科学部卒業
1998年 東京地方検察庁に検事として任官し、汚職事件や大型経済事件、脱税事件などの捜査に従事
2012年 東京地方検察庁特捜部検事として、陸山会事件の捜査に携わる
陸山会事件の捜査報告書に虚偽の記載をしたとして告発されたが、後に不起訴処分となり、検事を辞職
2014年 東京弁護士会に弁護士登録し、八重洲総合法律事務所に入所
弁護士としては企業法務や企業防衛で、独占禁止法や金融商品取引法を中心にしたコンプライアンス・リスクマネジメント対応、捜査・調査当局への対応を行っている。

 

田代正弘は早稲田大学卒の元検察官!

田代正弘氏はなぜ検察を辞めたのか過去の事件について少し説明していきます。

早稲田大学を卒業後、1995年に司法試験に合格し最高裁判所司法研修所を経て、検察官検事に任官されましたが、2012年6月27日に検察官を辞職されました。

辞職のきっかけになったのが、小沢一郎氏の資金管理団体「陸山会」を巡る事件でした。

田代正弘さんが東京地検特捜部に在籍していた時期に関わったのは、通称「陸山会事件」

この捜査中に、容疑者の石川知裕の捜査報告書に虚偽の記載があったとして、「健全な法治国家のために声をあげる市民の会」から虚偽公文書作成及び行使罪で告発されましたが、後に不起訴となっています。

虚偽の捜査報告書を作成した田代正弘元検事(45)は27日、減給6ケ月の懲戒処分を受け辞職した。

引用元:日本経済新聞

 

その後、2014年からは現在の八重総合法律事務所に入所され、弁護士としての活動を続けて現在に至っています。

 

 

田代正弘の評判は?

田代正弘さんに対するSNSの反応を紹介します。

松本人志の裁判の弁護士は田代正弘!早稲田大学卒の元検察官の過去や評判まとめ

松本人志の裁判の担当弁護士の田代正弘についてご紹介していきました。

まとめると

田代正弘は早稲田大学卒の元検察官
検事を辞めた理由は、陸山会事件で虚偽公文書作成及び行使罪で告発された過去があった
田代正弘の評判は検事を辞めた理由により不安の声が多かった

以上になります。

最後まで読んでくださり有難うございました。