COCOちゃんブログ
TV・映画・舞台・アニメ

ハヤブサ消防団の宗教が怖い理由5つ!アビゲイル騎士団のモデルは存在する?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

7月からテレビ朝日で放送中のドラマ「ハヤブサ消防団」のストーリが怖いとSNSで話題になっていますね。

池井戸潤さんの小説「ハヤブサ消防団」を実写ドラマ化したものですが、池井戸潤さんの地元の場所や消防団が実際にモデルになっているようですね。

自然豊かなハヤブサ地区に放火や殺人など謎の事件が起こりますが、その真相には【アビゲイル騎士団】が絡んでましたね!(※原作では「オルビス・テラエ騎士団(オルビス十字軍)」)

アビゲイル騎士団がじわじわとハヤブサ地区を乗っ取る何とも言えない怖さがありますが、アビゲイル騎士団のモデルはあるのでしょうか?

ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」が怖いと言われる理由についても調査していきたいと思います。

この記事では

・ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」とは?
・ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」のモデルは実在する?
・ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」が怖いと言われる理由は?

について調べてみました。

\ハヤブサ消防団の原作小説が面白い/

https://tabiumiburari.com/hayabusasyouboutan-rokeinfo/

ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」とは?

ハヤブサ消防団に登場する宗教団体「アビゲイル騎士団」についてネタバレも含めて説明すると、アビゲイル騎士団は、教義に異を唱えた信者12人を教祖や幹部らが拷問・殺害するという惨殺な事件を起こした宗教団体

事件の後、連日メディアで取り上げられ「奇妙な宗教と洗脳を行っている危険なカルト集団」と人々に記憶に残って怖がられていた。

一旦解散したものの、顧問弁護士の杉森を中心に「聖母アビゲイル教団」として新たに集結

新生アビゲイルは、熱心な信者であるルミナスソーラの真鍋を先にハヤブサ地区に潜入させて土地を買い占めていました。

ハヤブサ地区は聖母アビゲイルである「山原展子」の生誕の地でもあり、悟りを開いたとされているため、アビゲイル騎士団の顧問弁護士の杉森はこの地にこだわっていた。

 

ハヤブサを聖地とするために略奪するための土地を土地を売却させるためには手段を選ばず放火にも関わていた。

立木彩は実は教団との関係は切れておらず、2代目「聖母アビゲイル」となるべく杉森に言われハヤブサに移住し準備を整えてた。

そして聖母アビゲイルである「山本展子」を親代わりに世話していたのが、随明寺住職の江西佑空ということが判明!

ずっと味方だと思っていた随明寺住職がアビゲイル騎士団の信者に対し、「ハヤブサへ、ようこそ」と両手を広げて歓迎し信者たちは江西に深々と頭を下げるところで終わっています。

最終回で立木彩は聖母アビゲイルになるのか?

ハヤブサ地区を太郎は守れるのかきになりますね💦

ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」が怖いと言われる理由5つ!

ハヤブサ消防団の宗教「アビゲイル騎士団」が怖いとSNSでも話題になっていますが、どういうところが特に怖いと言われる理由5つ説明したいと思います。

理由①過疎村がジワジワとカルト教団に浸食されていく様子が怖い
理由②洗脳されている信者が怖い
理由③老婆が怖い
理由④カルト集団の怖さ
理由⑤「ちゃんみな」の命日が怖い

それぞれについて詳しく説明していきますね

理由①過疎村がジワジワとカルト教団に侵食されていく様子が怖い

洗脳された人々が人を貶めることに何の躊躇もなく、着々とハヤブサ地区を乗っ取ろうとしちえる様子がとにかく怖いです。

何年も前から計画し真鍋がお年寄りに寄り添うように土地を手にいれ、拒絶したものに対しては違法な手段をとってまで手にいえるという様子がとにかく怖い!!!

聖地にしようとするなんて妙にリアルっぽい生々しさを感じフィクションとはいえ、恐ろしく感じますね💦

 

理由②洗脳されている信者たちが怖い

洗脳されている信者たちがとにかく不気味で怖い。

居酒屋サンカクで、なんかダサいって勘助が言った時に信者全員が無言で一斉に勘助を見たシーンがすごく怖かった。

信者たちが紫のスカーフをみんなつけて集団で動いている様子など気持ち悪さを感じます。




理由③老婆が怖い

まだその正体が明かになっていない老婆の映子さんが不気味で怖いですね。

夜中に太郎の家に突然やってくるシーン何は、心臓に悪すぎました。

編集の中山田さんでなくても、ビビりまくりますね💦

そして映子さんがアビゲイルの鍵を握っていることは確かなので最終回でのその正体にも注目ですね

理由④カルト集団の怖さが伝わってくる

カルト集団の怖さがすごく、じわじわと伝わってきますね。

解散に追い込まれた事件が、アビゲイル騎士団は、教義に異を唱えた信者12人を教祖や幹部らが拷問・殺害

こんなことが、あったのにまだ信者でいる人たちの気持ち悪さや、SNSにもありましたが、【導かれてるとか、◯より大事な使命】とか

宗教や教祖の為なら何にをしても許されるというカルト集団の怖さが見事に表現されていて
ぞっとしますね

理由⑤ちゃんみなの命日が怖い

番組の主題歌である「ちゃんみなさん」の命日がドラマの雰囲気とマッチしていてちょとt怖いですよね~

最終回には、ちゃんみなさんが登場の噂があるので、どんな役か楽しみですね

 

ハヤブサ消防団に登場する宗教団体のモデルは実在する?

ハヤブサ消防団に登場する宗教「アビゲイル騎士団」にモデルはあるのでしょうか?

アビゲイル騎士団のモデルは存在しません。

あくまで「ハヤブサ消防団」はフィクションなので宗教団体「アビゲイル騎士団」は架空の存在です。※(※原作では「オルビス・テラエ騎士団(オルビス十字軍)」)

ただし「ハヤブサ消防団」の舞台になっているハヤブサ地区は架空の町の設定ですが、池井戸潤さんの出身地である岐阜県八百津町をモデルにされています。

岐阜県で新興宗教といえば白装束で有名なパナウェーブ研究所の事件が思い出されますね。

白装束の集団が起こした事件ということで怖さを感じます。

1997年から活動しており、2003年頃に全身白装束の信者達が白い車両20台とともに岐阜県の林道を占拠したことで、当時注目されました。

 

白装束集団のパナウェーブ研究所は先の尖った物からスカラー波が出ており、防ぐ為に白装束が必要ということを布教していたようです……

白装束というところに、怖さを感じますね💦

そしてその活動を1997年から全国行脚をはじめました。

2003年には全身白装束の団体が渦巻き模様を貼り付けた張り付けた車両で岐阜県の林道を不法占拠し「スカラー電磁波の放出により地球崩壊をもたらす」ということを主張されていました。

 

ただしパナウェーブ研究所は放火などの事件は行っていないので関係ないと思いまれます。

あくまで同じ岐阜県ということでSNSで関係があるのでは?と名前がでたようです。

 

 

ハヤブサ消防団の宗教が怖い理由5つ!アビゲイル騎士団のモデルは存在する?

ハヤブサ消防団の宗教が怖い理由5つ!アビゲイル騎士団のモデルは存在するというタイトルで詳しく紹介していきました。

まとめると

アビゲイル騎士団が怖いと言われている理由は5つ
アビゲイル騎士団のモデルは存在しない。
岐阜が舞台ということで岐阜にあった【白装束集団のパナウェーブ研究所】と関係あるのでは?という考察がされたが関係はないようです。

以上になります。

最終回でアビゲイル騎士団と太郎との対決が気になります♪

最後まで読んでくださりありがとうございました。

\ハヤブサ消防団の原作小説が面白い/

https://tabiumiburari.com/hayabusasyouboutan-rokeinfo/