COCOちゃんブログ
時短レシピ

「簡単リメイク」クラムチャウダーからチーズリゾットへのアレンジ方法!

寒い季節になってくると鍋やあったかいスープが恋しくなりますね。

具だくさんの鍋やスープを飲んで、忙しい毎日に一息ついて体も心もほっこりしたいですよね~。

大きなお鍋で作ると美味しいので、ついつい作りすぎたりしたことありませんか?

今日は、そんなときの「リメイク」レシピをご紹介したいと思います。

簡単にできるクラムチャウダーとその翌日にリゾットにして二度楽しめます。

そして冷蔵庫のあまりものの野菜もいろいろ入れて、冷蔵庫の整理にもなる一石二鳥?いや三鳥レシピです(笑)

リメイクご飯♪クラムチャウダーからのチーズリゾットを作ってみましょう!

まずは、基本のクラムチャウダーの作り方のご紹介です

『クラムチャウダー編』

材料(3~4人分)
冷凍あさり ・・・・・・・・・・・・100g
冷凍えび  ・・・・・・・・・・・・100g
ベーコン(ウィンナ―、ハムなどでもOK)3~4枚
にんじん  ・・・・・・・・・・・・・1/2本
玉ねぎ  ・・・・・・・・・・・・・・・1個
キャベツ(白菜でも可) ・・・・・・・1/4個
じゃがいも  ・・ ・・・・・・・・・・中2個
コーン(缶詰)・・・・・・・・・・・お好みで
バター  ・・・・・・・・・・・・・・20g
小麦粉  ・・・・・・・・・・・・・大さじ3
水  ・・・・・・・・・・・・・・・200CC
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・400CC
コンソメ(固形)・・・・・・・・・・・・3個
塩・コショウ ・・・・・・・・・・・・・適宜

※ブロッコリー、きのこ類など入れてもいいですね。
※冷凍のシーフドミックスを使ってもよいと思います。

冷蔵庫に余っている野菜を適当に追加してもOK

 冷凍えび、あさりは、解凍して水気を切っておきます(レンジで解凍OK)

 ベーコンは、1㎝程度にカット、にんじん、じゃがいも、玉ねぎは小さめの角切りに
切っておきます。

 キャベツはザクザクと小さめにカットしておきます。

 鍋もしくはフライパンにバターを熱しベーコンを炒めます。

 人参、じゃがいも、玉ねぎを加えて玉ねぎが透き通るぐらいまで炒めます。

 火をとめて、小麦粉を加え粉っぽさがなくなるまで混ぜたら水を加えて、弱火にかけます。

 じゃがいもと人参に火がとおるぐらいまで煮こみます。

 牛乳、コンソメ、キャベツ、あさり、えびを加えてキャベツがしんなりするまで煮て、最後に塩・コショウで味を調えて完成です。

お好みで粉チーズやドライパセリなどをいれてもOK

実はこのレシピはおばあちゃん子だった私に祖母が、お腹すくとすぐぐずる私のために、冷蔵庫のあまり野菜でちゃちゃっと作ってくれたレシピを改良したものなんです。

和食が得意な祖母が、洋食好きの私のために一生懸命作ってくれた祖母との想い出のレシピです。

私はトロッとした味わいが好きだったので、小麦を入れてくれたのですがさらっとした、味わいがお好きな方は小麦粉を抜いても大丈夫。

あっさりして、美味しいですよ♪

さて、お次はリゾットの作り方をご紹介します。

『リメイク♪リゾット編』

お鍋にクラムチャウダーの残りを入れて、牛乳もしくは水を少し追加して火にかけます。

隠し味にお味噌を小さじ1~2杯程度追加します。

そこに、ご飯を入れ、かきまぜながら少しご飯が柔らかくなるぐらいまで煮ます。

耐熱皿に移して、とろけるチーズとドライパセリを加えてオーブントースターで10分程度焼きます。

焦げ目がついたら、とりだして完成です!

ワンポイント!

クラムチャウダー編で、バターと小麦粉を合わせるときに、ゆっくりまぜるとダマダマができてしまうので、混ぜるときは手早くまぜます。

冷凍のえび、あさりを解凍せずに鍋に投入すると生臭さがでるので、かならず解凍してから入れてくださいね。

今回はオーブントースターで焼いてドリア風リゾットにしましたが、胃が疲れてるなあというときは、小麦粉なしでクラムチャウダーを作ってから鍋でコトコト煮込んで作ると優しい味わいのリゾットになります。

気分に合わせて作り比べてみるのも面白いですね。

まとめ

野菜もたっぷりで体もあたたまるので寒い日におすすめの一品です。

隠し味にお味噌をちょっぴり入れることで、さらに優しくて、まろやかな味わいになります。

意外と牛乳やチーズとお味噌の組み合わせ美味しいんです~。

アレンジ次第で、何度も楽しめて休日のお昼ごはんにもちゃちゃっとできるので、よかったら試してみてくださいね。