COCOちゃんブログ
TV・映画・舞台・アニメ

【不適切にもほどがある】渚は市郎の孫?秋津はムッチ先輩の息子!ネタバレ考察

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

2024年2月2日からスタートした阿部サダヲさん主演のTBS系金曜ドラマ『不適切にもほどがある!

昭和のダメおやじがひょんなことから現在の令和6年にタイムスリップしてきたという物語です。

第2話で小川市郎(阿部サダヲ)はシングルマザーになった犬島渚(仲里依紗)と良い雰囲気になりますが、渚は市郎の孫なのではないか?と話題になっています。

そこで今回は【不適切にもほどがある】の

  • 【不適切にもほどがある】渚が市郎の孫と思う理由
  • 秋津はむっち先輩の息子説

について詳しく紹介していきたいと思います。

【不適切にもほどがある】渚が市郎の孫の理由は?

小川市郎(阿部サダヲ)は昭和61年から令和6年の現在にタイムスリップしてきてしまったのですが、令和の時代で出会った犬島渚(仲里依紗)と出会います。

2話では2人の関係がグッと縮まって良い雰囲気になった気がしましたよね!

しかし、ネット上では「渚は市郎の孫なのではないか?」と話題になっているんです。

なぜ渚が市郎の孫と思う意見が多かったのかを考えてみたいと思います。

渚という名前

何度も登場した「ピンクレディー」と手書きされたビデオテープ。

現代に持ってきていたビデオテープを見て涙する市郎の目に映るのは、幼い頃の娘・純子と生きている頃の妻がピンクの服を着て踊っている「渚のシンドバッド」の映像でした。

市郎の妻であり純子の母親は、純子が12歳の頃に病気で亡くなっています。

そのため、そのビデオテープに映る「渚のシンドバッド」は、純子にとって母との大事な思い出の曲になったことに違いありません。

そんな純子に子供が生まれていたら、母との思い出の「渚のシンドバッド」からとった渚という名前をつけていてもおかしくないと思います。

年齢的に親子でもおかしくない

市郎の孫となれば、渚は純子の子供ということになりますね。

純子は17歳だったので、38年後には55歳になっています。

そして渚の年齢はというと、テレビ局の入社式の写真に「平成25年度」と書かれており、その年に入社したことになります。

令和6年は平成に変換すると平成36年

4年大学をストレートに卒業してすぐに入社した場合、22歳くらいには入社していることになります。

それから11年経っているので渚は33歳くらいの計算になりますね。

純子55歳-渚33歳 = 純子が22歳で生んだ子供

2人は22歳差くらいなので、年齢的に違和感もありません。

タイムパラドックスが起こらないよう防止

1話、2話ともに市郎と渚の距離が近づくとタイムスリップによって引き離されるような展開になっています。

《1話》市郎と渚が出会った時

1話では市郎と渚が喫茶店で出会っており、その後トイレに行った市郎は壁に変な穴を見つけ、そこから昭和へ帰っています。

《2話》渚も市郎のことを気になりだして、今夜渚の家へ行ける!という時

渚のことが気になっている市郎ですが、渚も市郎に少しずつ惹かれているような雰囲気です。

そして「今晩いってもいい?何もしないから」という市郎に対し「してもいいけど」との答え。

舞い上がっている市郎が、看板に登り電波を探している時に落下してしまいますが、落ちたのは昭和時代の喫茶店のトイレでした。

このように、1話・2話で市郎と渚の距離が近くなると引き離すようにタイムスリップしてしまいます。

そして3話予告が公式HPに出ており、次のように書かれていました。

渚と秋津がサカエ(吉田羊)の元夫でタイムマシン開発者の井上昌和(三宅弘城)と向かい合っていた。井上からタイムマシン開発秘話などを聞いていると、渚のスマホに昭和にいる市郎から着信が…。
そして井上は、過去を改ざんすると未来が変わってしまう“タイムパラドックス”の危険性を語り始めるのだった。

公式HP あらすじより引用

タイムパラドックスが起こらないように、市郎と渚が深い仲になるのを防ぐ力が働いているのかもしれませんね。

秋津はむっち先輩の息子説も

市郎と渚の関係が話題になっていましたが、磯村勇斗さんが2役で演じている「令和時代の秋津」と「昭和時代のむっち先輩」もネット上では親子なのでは?と話題になっています。

むっち先輩の名前は秋津睦美で、同じ苗字なんですよね。

  • 同じキャストを使って顔を瓜二つにしている
  • 苗字が同じということは何か血縁関係があることを示している

ということから、秋津はむっち先輩の息子だという可能性は高いと思います。

まとめ

【不適切にもほどがある】渚は市郎の孫?秋津はむっち先輩の息子!ネタバレ考察!について詳しく紹介していきました。

【不適切にもほどがある】の調査結果をまとめると

  • 【不適切にもほどがある】渚が市郎の孫と思う理由は、名前が「渚」ということ・年齢的にも親子でもおかしくない・タイムパラドックスが起きないように防止している
  • 同じ苗字で顔が瓜二つということから秋津はむっち先輩の息子である可能性が高い

ということがわかりました。

38年という年月の過去と未来、登場人物が親子や祖父と孫というストーリーになってもおかしくありませんね。

昭和と令和ではこんなに違っていたのか~と改めて考えさせられるドラマで、今後の展開が楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。