COCOちゃんブログ
イベント

ふたご座流星群2022神奈川でピークの時間帯や見える方角は?おススメ観測スポットはどこ?

12月になるとふたご座流星群が見られるチャンスが訪れますが、毎年楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

しかし、見る場所が違うだけで見えなかったり見えにくかったりするので、方角も事前にチェックしておいた方がいいですね。

2022年はふたご座流星群の時期はいつになるのでしょうか?

また、綺麗に見るためのベストな方角神奈川県でのおすすめスポット・気を付けたいポイントも気になります。

そこで今回はふたご座流星群2022の

  • ふたご座流星群2022のピークの時期や時間帯
  • ふたご座流星群2022のベストな方角
  • ふたご座流星群2022の神奈川県おすすめ観測スポット
  • ふたご座流星群2022観測で気を付けたいポイント

を詳しく紹介していきたいと思います。

ふたご座流星群2022神奈川でのピークの時期や時間帯は?

三大流星群のうちの1つである「ふたご座流星群」は12月に観測されます。

そのふたご座流星群2022のピークの時期や時間帯をまとめました。

ふたご座流星群2022極大の時期はいつ?

ふたご座流星群2022の極大の時期は、国立天文台の情報によると2022年12月14日22時頃と予想されています。

そのピークの時間を逃してしまっても、すぐに見れなくなるということではなく、12月14日22時頃から15日の朝5時くらいまで見れるチャンスがあるんですよ。

《ふたご座流星群2022が見やすい時期・時間帯》

12月14日22:00〜12月15日の5:00頃




ふたご座流星群2022をみるベストの方角は?

三大流星群の中でも安定して観測できるふたご座流星群でも、方角は大事なポイントですので、どの方角で観測すればいいのかを紹介します。

ふたご座流星群2022が見える方角は?

ふたご座流星群2022の放射点は真上辺りにありますので、全方角で観測することができます。

流れ星は放射点を中心に放射状に流れるという特徴がありますので、ふたご座流星群2022は放射点がわからなくても、真上を中心に空全体を眺めていれば見ることができますよ

ふたご座流星群2022神奈川でおすすめの観測スポット11カ所は?

ふたご座流星群2022神奈川でおすすめ観測スポットを11ヶ所紹介していきたいと思います。

  1. 丹沢湖
  2. ヤビツ峠
  3. 城ヶ島
  4. 根岸森林公園
  5. 久良岐公園
  6. こども自然公園
  7. 湘南平
  8. 三ツ岩海岸
  9. 湘南国際村
  10. 臨海パーク
  11. 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

丹沢湖

市内からは少し離れますが、山に囲まれており空気が澄んでいることから、とても綺麗に見えると人気のスポットです。

付近にはキャンプ場がいくつかあり、大型の無料駐車場があります。

住所:神奈川県足柄上郡山北町

公式HP

《アクセス》東名高速「大井松田I.C.」経由⇒国道246号線を御殿場方面へ約10分

《駐車場》付近に無料の大型駐車場がたくさんあるので、駐車場に困ることはないと思います。

ヤビツ峠

夜景スポットにもなっているヤビツ峠は、流星群観測スポットでも人気です。

近くには住宅などの建物がないため、流星群を見つけるのにはもってこいですよ!

駐車場もありますので、車で行かれても安心です。

住所:〒257-0023 神奈川県秦野市寺山

公式 HP

《アクセス》東名高速道路「秦野中井インターチェンジ」より車で約40分

《駐車場》24時間無料で利用できますが、30台程しか停められないので早めに行くことをおすすめします。

城ヶ島

城ヶ島は神奈川県の三浦半島にあり、海側には遮るものがありません。

空を見上げると一面星空なので、星空スポットとしても有名なんですよ。

住所:〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ヶ島

公式HP

《アクセス》

電車:京急「三崎口駅」よりバスで20分「白秋碑前」下車⇒徒歩約7分

:JR伊東駅から車で約30分

《駐車場》付近に駐車場はいくつかありますが、無料で停めることができるのは1ヶ所だけです。

根岸森林公園

横浜市にある公園で辺りが真っ暗とまではいきませんが、道も綺麗に舗装されトイレや自動販売機などの設備は整っています。

また、アクセスも便利なため、行きやすさと設備重視で楽しみたい方にはおすすめです。

住所:〒231-0853 神奈川県横浜市中区根岸台

公式HP

《アクセス》

:首都高速湾岸線「三渓園」出口から車で約10分

電車:根岸線「山手駅」下車⇒徒歩15分

《駐車場》付近にいくつか駐車場はありますが、無料駐車場はありません。

どこもだいたい2時間で¥400くらいです。




久良岐公園

芝生の場所が広い公園なので、シートを広げて座ったり寝転んで観測することができます。

根岸森林公園と同じように、真っ暗さは足りないかもしれませんが、アクセスも便利なので行きやすさ重視の方におすすめです。

住所:〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東3丁目12−1

公式HP

《アクセス》JR磯子駅・京急線屏風ケ浦駅より市営バス「久良岐公園前」下車

《駐車場》24時間営業で、2時間300円(以降20分50円)の駐車場があります。

こども自然公園

こちらも公園で、シートを敷いてゆっくりと観測することができます。

こども自然公園の中でも「ドーナツ広場」が観測にはオススメですよ。

駐車場もありますが、車よりも電車の方がアクセスしやすいです。

住所:〒241-0834 神奈川県横浜市旭区大池町65−1

公式HP

《アクセス》

電車:相鉄線「南万騎が原」駅⇒徒歩7分

:保土ヶ谷バイパス「新桜ヶ丘I.C」⇒車で11分

《駐車場》第3まで駐車場があり、2時間300円(以降20分毎に50円)で利用できます。

湘南平

天体観測が人気のスポットで、流星群が見られる日は人が多いかもしれません。

標高181mと絶景スポットでもあり、夜景も綺麗もとても綺麗ですよ!

住所:〒254-0913 神奈川県平塚市万田790

公式HP

《アクセス》小田原厚木道路「平塚I.C.」⇒車で20分

《駐車場》24時間営業で80台停められる無料駐車場があります。

三ツ岩海岸

辺りにあまり光もなく星空も綺麗に見えますが、海岸なので足元が悪いです。

夜で暗くて見えにくいので、行かれる場合は足元に注意して下さいね。

住所:〒259-0201 神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1175−1

公式HP

《アクセス》東名高速道路「小田原I.C.」⇒車で約40分

《駐車場》付近にはたくさんの駐車場があり、無料駐車場は1ヶ所あります。

湘南国際村

湘南国際村は展望広場があり、夜景スポットや天体観望としても有名です。

広く開放的で見晴らしもいいので、星も良く見えますよ。

住所:〒240-0107 神奈川県横須賀市

《アクセス》JR「逗子駅」⇒バスで約20分「湘南国際村センター前」で下車

《駐車場》周辺にいくつかの駐車場があり、料金はだいたい2時間300円前後です。

臨港パーク

みなとみらい地区最大の緑地のため、とても広い芝生があり、シートを敷いてゆっくり観測することができます。

「みなとみらい駅」から近いため、電車でのアクセスがオススメです。

住所:〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1丁目1−1

公式HP

《アクセス》

●みなとみらい線「みなとみらい駅」より徒歩5分

●みなとみらい線「新高島駅」より徒歩10分

《駐車場》臨港パークの駐車場は、90台停めることができ料金はコチラです⇩

08:00-21:00 30分 250円
21:00-08:00 30分 250円

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

夜景スポットとしても有名で、ちょっとキラキラしたイメージですが、ベイブリッジ方面は光も少なく星もよく見えます。

トイレや移動販売機もあるので安心して観測ができますね!

住所:〒231-0002 神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1−4

公式HP

《アクセス》

電車:みなとみらい線「日本大通り駅」下車⇒徒歩7分

:首都高速横羽線「横浜公園ランプ」⇒車で約3分

《駐車場》最大400台も収納可能な屋根付きの平面駐車場があります。料金は1時間まで500円(以降30分250円)です。




ふたご座流星群2022観測で気をつけたいポイントは?

ふたご座流星群の観測で気を付けたいポイントを3つ紹介していきたいと思います。

  1. 肉眼で見る
  2. 真っ暗な場所を選ぶ

肉眼で見る

ふたご座流星群を観測するのには、天体観測のように望遠鏡などは必要ありません。

肉眼が1番良く綺麗に見えます。

肉眼で見るためには暗さに慣れていないと見えにくいので、暗さに慣れさせてあげましょう!

真っ暗な場所を選ぶ

周りが明るいとふたご座流星群は見えにくくなってしまいます。

なるべく照明などがなく、真っ暗な場所を選びましょう!

広い範囲が見える場所を選ぶ

ふたご座流星群はどこに現れるかがわからないため、空が1面に見渡せる場所を選ぶといいですよ。

シートを敷いて寝転んでみるのがオススメです。




まとめ

ふたご座流星群2022神奈川でピークの時間帯や見える方角は?おススメ観測スポットはどこ?について詳しく紹介していきました。

ふたご座流星群2022神奈川の調査結果をまとめると

  • ふたご座流星群2022の極大の時期は2022年12月14日22時頃
  • ふたご座流星群2022は全方角で観測することができる
  • ふたご座流星群2022観測で気を付けたいポイントは肉眼で見る・暗い場所を選ぶ・広い範囲が見える場所を選ぶ

ということがわかりました。

流れ星が流れている時に願い事をしたら叶う!と言われていますが、流星群は何度も流れてくるので、願い事をするのに忙しかもしれませんね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

https://tabiumiburari.com/futagoza-ryuuseigun-sizuoka/

https://tabiumiburari.com/futagoza-tokyo-mieruhougaku/

https://tabiumiburari.com/hutagoza-tiba-anaba/

https://tabiumiburari.com/futagoza-saitama/