COCOちゃんブログ
自然

【ふたご座流星群2021】東京で見える方角や時間帯は?おススメ観測スポットはどこ?

12月に観測できるふたご座流星群!

3大流星群の1つとして有名ですよね。

たくさんの流星が見られることでもよく知られています!!

ふたご座流星群は、明るい流星が多く、流星の数も多いため、観察しやすいのが特徴です。

冬の空は、気温が低く澄み渡ることからキレイな流星を観測することができますよね。

でも東京のような都会でみえるのかな?と思ってしまいますが。。

この記事では、【ふたご座流星群2021】 東京でもキレイに見える時間帯や方角は?

オススメ観測スポットについて調べてみました!

【ふたご座流星群2021】東京で見える時間帯は?

今年のふたご座流星群のピーク時間帯は12月14日16時頃と予想されています!

この時間帯の東京は夕方でまだ明るいため、ふたご座流星群を観察することはできません。

でもご安心ください!

ふたご座流星群の流星の活発な時間は、比較的長く続きます。

ですので、12月13日(月)夜~12月14日(火)未明・12月14日(火)夜~12月15日(水)未明と2夜にわたり、多くの流星を観察することができます。

ふたご座流星群を観察するチャンスが2日間もあるのは嬉しいですね!

流星は放射点から全方向に流れるため、方角にこだわらず、空全体をぼんやりと眺めるのがいいでしょう。

ピークのタイミングで暗いところで観察すれば1時間あたり50~100個以上流れ星を見ることができるのです。

1時間に50~100個以上の流れ星なんてロマンティックですよね!

ふたご座【流星群2021】東京で見える方角は?

実は、ふたご座流星群は、空一面に出現するので、どこの方角でも見えます!

ふたご座流星群は、放射点から流れ星が流れ始めます。

放射点がどこかわからないという人も多いですよね!

しかし、双子座流星群は流れる星の数が多いため、空全体を眺めていれば、見ることができるんです。

どこに出現するかはわからないので、なるべく空全体が見渡せる場所で観測がおススメです。

重要なのは暗さです!

月明かりや街灯などを避けた位置を見つけましょう。

【ふたご座流星群2021】東京でおススメ観測スポットはどこ?

①夢の島公園(江東区)

新木場駅から近い夢の島公園は都内からもアクセスが良いスポットです。

敷地内にはスポーツ施設や亜熱帯植物館などがあります。

ゴミの埋立処理場跡地に出来た公園なので住宅街が近くにないので星空観察にぴったりです。

公園は入場無料で24時間開放されているので夜から入ることも可能です。

芝生があちこちにあるので、シートなどを広げて夜空を観察してみましょう。

夢の島公園
住所:東京都江東区夢の島2-1-2
アクセス:地下鉄有楽町線・ JR 京葉線・りんかい線「新木場駅」から徒歩15分
駐車場:あり

②砧公園(世田谷区)

「家族ぐるみで楽しめる公園」をテーマとした砧公園。

場所柄、多少の明かりはありますが条件が揃えば流星群を見ることができますよ。

広々とした芝生の広場と樹林で構成された「ファミリーパーク」や、「アスレチック広場」など家族で1日楽しむことのできる公園です。

この「ファミリーパーク」が絶好の観測スポット!

公園横には駐車場もあり、トイレも近くにあるので小さなお子さま連れには安心ですね。

砧公園
住所:東京都世田谷区砧公園・大蔵一丁目
アクセス: 東急田園都市線「用賀駅」下車 徒歩20分
駐車場:あり

③石神井公園(練馬区)

東京都立石神井公園は、木々が多く人工的な明かりが少ないため、星空や流星群を観察するのにおすすめな場所です。

三宝寺池や桜並木など東京にいながら自然を感じられる石神井公園は、 天体観測場所としても有名です。

広々とした芝生広場で寝転がってみるのもよし、三法寺池近くで星を見るのも違った雰囲気でオススメですよ。

駐車場が24時間利用できるところも便利ですね。

広々とした芝生広場で寝転がってみるのもよし、三法寺池近くで星を見るのも違った雰囲気でオススメですよ。

石神井公園
住所:東京都練馬区石神井台1-26-1
アクセス:西武池袋線「 石神井駅」下車 徒歩7分
駐車場:あり

④武蔵野の森公園(府中市)

「武蔵野の森公園」は、調布市・府中市・三鷹市にまたがった広々とした公園です。

隠れた星空観測のスポットとしても有名です!

周辺に高い建物や人口的な明かりが少ないため、星空観察にピッタリの場所です。

駐車場の近くにトイレがあるのも便利です。

大芝生広場で寝転がって、ふたご座流星群を観察するのもいいですね。

武蔵野の森公園
住所:東京都府中市朝日町3丁目
アクセス:西武多摩川線「多磨駅」下車 徒歩5分
駐車場:あり

⑤奥多摩湖(東京都西多摩郡)

都心からは少し離れていますが、多くの自然が残り登山のほか様々なアクテビティもある奥多摩地方。

人口の明かりが少ないので、星空が本当にきれいに見えますよ♪

奥多摩湖は、東京都内No.1といわれる星空スポットといわれています。

なかでも、「月夜見第二駐車場」と「奥多摩湖ダムサイトパーキング」から見る星空が素晴らしいといわれています!

どちらも駐車場ですので、車で行くことをオススメします。

自然あふれる奥多摩で満点の星空の中、流星を探してみませんか?

奥多摩湖
住所:東京都西多摩郡奥多摩町原
アクセス:奥多摩駅からバスで15分
駐車場:あり

まとめ

ふたご流星群を東京で見るときの見える方角やピークの時間帯やおススメ観測スポットをご紹介しました。

東京だと外灯や街の明りがまぶしくて星空みずらいかなと思ってしまいますが、

探せば星空スポットはたくさんあります!

観測スポットにいけるのが一番よいですが、難しいときは月明りや外灯がないところを探してみてください。

きっと空を見上げると流れ星がみえてくるかもしれませんよ。

天候が良ければきっとたくさんの流星が観測できるはず。

夜はかなり冷え込む時期なので防寒対策をしっかりして風邪などひかないように

お出かけくださいね!

素敵な思い出になりますように!!!