COCOちゃんブログ
自然

【ふたご座流星群2021】沖縄で見える方角や時間帯は?おススメ観測スポットはどこ?

冬の天体ショーといわれている!ふたご座流星群。

3大流星群の1つとしてたくさんの流星が見られることで有名ですよね!

3大流星群のひとつであるふたご座流星群は、明るい流星が多く、流星の数も多いため、観察しやすいのが特徴です。

冬の空は、気温が低く澄み渡ることからキレイな流星を観測することができますよね。

沖縄は自然がいっぱいで観測スポットも多そうですね!

この記事では、【ふたご座流星群2021】 沖縄で見える時間帯や方角は?オススメ観測スポットについて調べてみました!

【ふたご座流星群2021】沖縄で見える時間帯は?

今年のふたご座流星群の極大時間は12月14日16時頃と予想されています!

 

 

16時の沖縄は夕方でまだ明るいため、ふたご座流星群を観察することはできません。

しかし、ふたご座流星群の流星の活発な時間は、比較的長く続きます。

ですので、12月13日(月)夜~12月14日(火)未明・12月14日(火)夜~12月15日(水)未明と2夜にわたり、多くの流星を観察することができます。

2日間にわたり、ふたご座流星群を観察するチャンスがあるのは嬉しいですね!!

流星群が最も活発に活動することを極大(ピーク時間)といいます。

極大では暗いところで観察すれば1時間あたり50~100個以上流れ星を見ることができるのです。

1時間に50~100個以上の流れ星なんてロマンティックですよね!

沖縄でキレイな海をバックに流れ星をみるって一生の思い出になりそうですね!

ふたご座流星群【2021】沖縄で見える方角は?

実は、ふたご座流星群は、空一面に出現するので、どこの方角でも大丈夫です。

簡単にいってしまえば、真上!空をみあげると流星群が見えるのです!

ふたご座流星群は、放射点から流れ星が流れ始めます。

放射線はどこ?と思うかもしれません。

大丈夫です!ふたご座流星群は流れる星の数が多いため、空全体を眺めていれば、見ることができるんです。

どこに出現するかはわからないので、なるべく空全体が見渡せる場所で観測がおススメです。

また、暗さが一番重要です。

月明かりや街灯などを避けた位置を見つけましょう。

【ふたご座流星群2021】沖縄でおススメ観測スポットはどこ?

ふたご座流星群2021を沖縄県で観るおすすめスポットをご紹介します。

沖縄本島の都心部は街の灯りで良く見えませんが、北部に行くほどきれいな星空を見ることができる天体観測スポットがたくさんあります。

今回は次の5か所に注目してみました。

・辺戸岬周辺(沖縄県北部)
・残波岬(沖縄県中部)
・茅打ちバンタ(沖縄県北部)
・古宇利島(沖縄県北部の離島)
・小浜島(沖縄県八重山郡の離島)

おすすめ観察スポット①辺戸岬周辺(沖縄県北部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの1つ目は、沖縄本島最北部にある「辺戸岬」の周辺です。

辺戸岬は沖縄海岸国定公園に指定されており、遊歩道が整備されて歩きやすくなっています。

断崖と海に囲まれた岬からは鹿児島県の与論島が望める絶景スポットで、周辺の灯りも少なく水平線近くまで星を見ることができます。

本島最北端のため那覇からのアクセスはよくありませんが、人も少なく静かな環境で夜空を楽しめます。

周辺の灯りが少ないので、暗い中での運転や遊歩道を歩く際には気をつけてくださいね。

【アクセス】

  • 住所:沖縄県国頭郡国頭村辺戸
  • 経路:那覇市から高速と58号線を経由して車で2時間程

おすすめ観察スポット②残波岬(沖縄県中部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの4つ目は、沖縄県中部にある「残波岬」です。

https://twitter.com/llgr14m/status/1469207686290231300

残波岬は那覇からのアクセスも良く、美しいサンセットを見ることができると評判の地元民からも観光客からも人気のスポットです。

岬に立つ灯台から覗く海は藍色で深く、運が良ければウミガメが泳いでいる姿を見ることもできます。

灯台やリゾートホテルがあるため灯りが少し気になるかもしれませんが、それでも手が届きそうな星空を肉眼で感じることができます。

【アクセス】

住所:沖縄県中頭郡読谷村宇座1861
経路:那覇市から高速と58号線を使用し1時間程

おすすめ観察スポット③茅打ちバンタ(沖縄県北部)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの2つ目は、沖縄本島北部にある「茅打ちバンタ」です。

茅打ちバンタは束ねた茅を崖から投げ込むと風に打たれてバラバラになることが名称の由来である、高さが100mあると言われている断崖絶壁が続く場所です(バンタとは沖縄の方言で崖)。

辺戸岬に近く周辺に集落がありますが灯りが少ないため、見上げれば天の川がすぐに分かると言われるほどきれいな星空を目にすることができます。

観光客は辺戸岬へ向かうため茅打ちバンタを訪れる人はあまりなく、穴場的なスポットになっています。

こちらも夜道の運転や歩行には十分に気をつけて、防寒対策も忘れずに夜空を楽しみましょう。

【アクセス】

住所:沖縄県国頭郡国頭村宜名真
経路:那覇市から高速と58号線を経由して車で2時間程

おすすめ観察スポット④古宇利島(沖縄県北部の離島)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの4つ目は、沖縄県北部にある「古宇利島」と本島と古宇利島を繋ぐ「古宇利大橋」です。

本島からは屋我地島・古宇利島の順に橋で繋がっており、車で行ける離島として現在注目を集めている人気の島です。

沖縄県北部の中でも比較的アクセスが良いのも魅力です。

古宇利島内は宿泊施設やカフェなども多くあるため、施設のテラスなどから夜空を楽しむことができます。

場所によっては周囲の灯りの影響を受けずに観測できる所もあるため、昼間のうちに島内を見て回っても良いかもしれませんね。

両側に透き通ったエメラルドグリーンの海が広がる絶景が魅力の古宇利大橋でも、それほど灯りの影響を受けずに天体ドライブを楽しむことができます。

交通安全とルールを守りながらロマンチックな夜のドライブに出かけてみてください。

【アクセス】

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
経路:那覇市から高速と58号線を使用し屋我地島を経由して車で90分程

おすすめ観察スポット⑤小浜島(八重山郡の離島)

ふたご座流星群2021おすすめスポットの5つ目は、八重山諸島の離島である「小浜島」です。

【番外編】八重山諸島

八重山諸島は「星空保護区」に認定されています。

光害のない暗く美しい夜空を保護・保存する素晴らしい取り組みを称え、認定する制度ですでなんと!日本で初めて、アジアでも2番目に認定!

星空保護区に認定されるほど、美しい夜空で星がたくさん見える八重山諸島
西表島 · 小浜島・石垣島 · 与那国島 · 竹富島 · 波照間島 · 黒島 · 鳩間島
石垣島は、都会なのでほかの島よりは星空がみずらいかもしれませんが、それ以外の離島ならでもどこの島も雲さえなければ、絶対キレイな星空を楽しめるはずです!
そうとしか思えません!笑

さらに八重山諸島は日本の中で非常に貴重な、南十字星が見える場所。

全部で21個ある1等星をすべて見ることができるのも、国内では八重山諸島だけなんですよ!

私も以前、八重山諸島にいって星が降ってくるような感覚におそわれ涙がこぼれるほど感動した経験があります。

少し遠いですが八重山諸島は、おススメ地域です。

写真は西表島です!

まとめ

今回は「ふたご座流星群2021沖縄」と題して、流星群の見える方角やピーク時間、おすすめスポットを紹介しました。

ふたご座流星群のピークを見ることができる日は、12月13日の深夜から15日(14日未明)。

もっとも見える時間帯は12月13日(14日未明)の深夜2時から5時ころまでと、続く14日(15日未明)の深夜2時から4時ころまでです。

見える方角は全方位、夜空全体に流星が舞い散ります。

寒い季節の観測にはなりますが、その分空気が澄んで星のあかりが綺麗に見られるかもしれません。

沖縄県内のおすすめスポットはどこも絶景の星空を眺めることができますが、断崖の場所が多く風も強いため防寒対策はしっかりとして楽しんでくださいね!

今回は番外編として八重山諸島もオススメしてみました!

海をバックに満点の星空なんてロマンティックすぎますね!

ふたご座流星群を見て忘れられない素敵なな思い出を作りになるといいですね!