COCOちゃんブログ
自然

【ふたご座流星群2021】北海道でピークの時間帯や見える方角は?おススメ観測スポットはどこ?

3大流星群の1つふたご座流星群。

たくさんの流星が見られることで有名ですよね!

3大流星群のひとつであるふたご座流星群は、明るい流星が多く、流星の数も多いため、観察しやすいのが特徴です。

冬の空は、気温が低く澄み渡ることからキレイな流星を観測することができますよね。

・北海道で見えるピークの時間帯
・北海道で見える方角
・北海道でおススメの観測スポット!

について調べてみました。

【ふたご座流星群2021】北海道でピークの時間帯は?

今年のふたご座流星群の極大時間は12月14日16時頃と予想されています!

16時頃だとまだ薄暗い程度のため、実際のピーク時は流れ星の観測には向いていない時間となっています。

しかし、ふたご座流星群の流星の活発な時間は、比較的長く続きます。

ですので、12月13日(月)夜~12月14日(火)未明・12月14日(火)夜~12月15日(水)未明と2夜にわたり、多くの流星を観察することができます。

ふたご座流星群を観察するチャンスが2日間もあるのは嬉しいですね!

天気予報をチェックしてお天気のよい日にみるといいですね。

流星は放射点から全方向に流れるため、方角にこだわらず、空全体をぼんやりと眺めるのがいいでしょう。

極大とは流星群が最も活発に活動することで、極大のタイミングで暗いところで観察すれば1時間あたり50~100個以上流れ星を見ることができるのです。

1時間に50~100個以上の流れ星なんてロマンティックですよね!

北海道の大自然の中で流れ星をみるって一生の思い出になりそうですね!

ふたご座流星群【2021】北海道で見える方角は?

実は、ふたご座流星群は、空一面に出現するので、どこの方角でも大丈夫です。

簡単にいえば真上を見渡せば星空が見えるのです!!

ふたご座流星群は、放射点から流れ星が流れ始めます。

放射点がどこかわからないという人も多いですよね!

しかし、双子座流星群は流れる星の数が多いため、空全体を眺めていれば、見ることができるんです。

どこに出現するかはわからないので、なるべく空全体が見渡せる場所で観測がおススメです。

また、暗さが一番重要です。

月明かりや街灯などを避けた位置を見つけましょう。

【ふたご座流星群2021】北海道でおススメ観測スポットはどこ?

ふたご座流星群2021を北海道で観るおすすめスポットをご紹介します。

定山渓ダム

北海道で最大の規模を誇る「定山渓ダム」。

札幌市内からも車で1時間かからないので、気軽に満点の星空を楽しめるスポットです。

https://twitter.com/emin_kiss/status/1365702943337455616

支笏湖

北海道千歳市にある、深く透明度の高い湖が「支笏湖」です。

札幌市から車で1時間ほどなので気軽に行くことができます。

https://twitter.com/sepigchi/status/1083321289278799872

サンピラーパーク森の休暇村

道北の名寄市にある「サンピラーパーク森の休暇村」。

こちらでは満天の星空を満喫しながらキャンプを楽しむことができます。

コテージは冬でも利用できるので、澄んだ冷たい空気の中で輝く星を堪能することができます。

満点の星の丘

北海道上川地方の士別にある「満点の星の丘」では、肉眼で多くの星を眺めることができます。

ロマンチックな雰囲気なので、デートで訪れるのもぴったりの星空スポットです。

 

マイルドセブンの丘

「マイルドセブンの丘」は北海道美瑛町にある人気観光スポットです。

大自然の中に浮かぶカラマツ林と星空のコントラストが美しい星空スポットです。

美幌峠

道東の阿寒国立公園内に位置する美幌峠。屈斜路湖と中島を眼下に見下ろすことができます。階段を上った先にある展望台からは素晴らしいパノラマの景色を眺めることができ、そこから満天の星空を楽しめます。

北海道の中でも有名なおすすめの星空スポットです。

https://twitter.com/daishi_xxiv/status/1309431572571930624

十勝岳展望台

北海道美瑛町白にある金十勝岳の中腹にあるのが十勝岳展望台です。

こちらでは十勝岳連峰や美瑛・富良野地方の雄大な景色を眺めることができるおすすめのスポットで、漆黒の空に浮かび上がる星空は圧巻です。

摩周湖

全国的な知名度を誇る霧で包み込まれた神秘的な湖、摩周湖。

北海道遺産に登録された摩周湖付近では星空ツアーが開催されているほど、美しい星をじっくりと見つめることができるおすすめの星空スポットとなっています。

まとめ

今回は「ふたご座流星群2021北海道」と題して、流星群の見える方角やピーク時間、おすすめスポットを紹介しました。

ふたご座流星群のピークを見ることができる日は、12月13日の深夜から15日(14日未明)。

もっとも見える時間帯は12月13日(14日未明)の深夜2時から5時ころまでと、続く14日(15日未明)の深夜2時から4時ころまでです。

見える方角は全方位、夜空全体に流星が舞い散ります。

北海道は空気が澄んでいるので、お天気に恵まれると満点の星空を見れる可能性が高いです。

今回おススメしたスポットの他にも大自然の中で満点の星空をみれる場所はたくさんあります。

雪と星空のコントラストは圧巻です。

北海道はかなり寒いので風邪をひかないようしっかり防寒対策をして、ふたご座流星群の観測を楽しんでくださいね。