COCOちゃんブログ
スポーツ

【箱根駅伝】青学原晋監督の経歴がスゴイ!若い時も今もイケメン!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

箱根駅伝で青山学院大学を何度も優勝に導いた原晋(はら すすむ)監督は、今やすっかり名物監督ですよね。

【伝説の営業マン】として活躍していたという過去もあるようですが、どのような経歴なのでしょうか?

また、イケメンでカッコいい!と評判の原晋監督の若い時も気になりますよね!

そこで今回は【箱根駅伝】青学原晋監督の

  • 【箱根駅伝】青学原晋監督の経歴
  • 【箱根駅伝】青学原晋監督の学歴
  • 【箱根駅伝】青学原晋監督のプロフィール
  • 【箱根駅伝】青学原晋監督の若い時と今もイケメン
について詳しく紹介していきたいと思います。

【箱根駅伝】青学原晋監督の経歴は?

原監督の来歴を調べてみると、とても面白い経験をお持ちです。

《幼少期・学生時代》

幼少期から運動神経抜群で、小学生の時はソフトボールは4番でピッチャー、相撲では主将を務めるほどでした。

中学に入学するときは野球部への入部を迷っていましたが、周りの勧めもあって陸上部に入部。

中学1年生の時のマラソン大会では、上級生を抑えぶっちぎりの1位だったそうですよ。

高校・大学へ進学しても陸上部に所属し、見事な成績を残しています。

■中学3年生の県総体:1500m競走⇒2位に入賞

■高校3年生:主将として全国高等学校駅伝競走大会⇒総合2位に貢献

■大学3年生:日本インカレ5000メートル⇒3位

《社会人》

中国電力に入社してからは陸上競技部に入部(創設に参加)し、主将として全日本実業団駅伝への初出場にも貢献しています。

しかし、故障のため27歳で現役引退しました。

その後はサラリーマンとして中国電力で10年間働き、ここで「伝説の営業マン」として手腕を発揮。

約1000万円する企業用の省エネ空調を売りまくり、新規事業にも着手。

最初は5名だったメンバーを120名の大所帯に成長させたそう。

《青学陸上部の監督に就任》

  • 箱根駅伝の出走経験なし
  • 指導経験なし

このような状態で陸上部監督になり、青学の幹部に「就任3年で出場、7年でシード、10年で優勝争い」とプレゼンしたそうです。

最初は思うようにいかず廃部寸前までいった青学陸上部でしたが、部員たちのサポートのおかげもありこれを回避。

  • 2008年:学連選抜のチームを総合4位
  • 2009年:箱根駅伝に初出場
  • 2010年:8位に躍進しシード権を獲得

順調にチームが成長していき、就任11年目にして2015年箱根駅伝初優勝!

2016・2017・2018年も連続で優勝しています。

その後も2020年・2022年・2024年も優勝を果たしています。

なかなか波乱万丈な人生ですが、有言実行されているところはスゴイですよね!

 

【箱根駅伝】青学原晋監督の学歴は?

原晋監督の学歴(高校・大学)をそれぞれ紹介していきますね。

原晋監督の出身高校

原晋監督の出身高校は「広島県立世羅高等学校」です。

広島県立世羅高等学校は公立の共学校で偏差値は45となっています。

同じく世羅高等学校出身の有名人には、アンガールズ田中さんもいるんですよ!

原晋監督は高校で陸上部に所属し主将も務めていました。

世羅高等学校は陸上部の強豪校として有名です。

住所:〒722-1112 広島県世羅郡世羅町本郷870

公式HP

 

原晋監督の出身大学

原晋監督の出身大学は「中京大学」です。

中京大学陸上競技部は世羅高校のOBが監督を務めていたので、進学を決めたそうです。

しかし、原晋監督は

大学時代の1・2年生の頃はパチンコと飲み会に明け暮れてしまい、私が希望した実業団からは門前払いでした

と語っていたこともあり、遊びも楽しんだようですね!

住所:〒466-0825 愛知県名古屋市昭和区八事本町101−2

公式HP

 

【箱根駅伝】青学原晋監督のプロフィール

青学・原晋監督のプロフィールを紹介していきますね。

名前: 原 晋(はら すすむ)

生年月日: 1967年03月08日

年齢:56歳(2024年1月現在)

出身地:広島県三原市

身長/体重:176cm/ 81kg

家族:妻・美穂さん

 

【箱根駅伝】青学原晋監督の若い時はイケメン?

箱根駅伝界の監督で選手と同じぐらい有名でタレント性を持つのではないかといわれる青学原晋監督!

若いころも今もイケメンでカッコいいと話題になっています。

原晋監督はイケメンでカッコいいといわれるのは顔だけではなく、青学を強豪チームに鍛え上げた指導者としての考え方はもちろん、明るいキャラクターなど心身共にイケメンでカッコいいとの声が多い印象でした!

年齢相応のかっこよさがありるのもこのように言われる理由なのかもしれません。

若いころの原監督もイケメンと言われる画像です!

青学が初優勝した時の原晋監督です。

8年前の当時48歳の頃の写真ですが、年を重ねるたびにシブくて大人の魅力が増していますね!

青学陸上部はイケメンが多いと話題になっていますが、原晋監督も負けていませんね~。

 

まとめ

今回は、箱根駅伝の青学原晋監督の経歴がスゴイ!そしてイケメンでカッコいい!として若い頃からの画像と共に検証してきました!

青学の原晋監督について調査結果をまとめると

  • 【箱根駅伝】青学の原晋監督は学生時代から27歳まで陸上選手として活躍していた
  • 【箱根駅伝】青学の原晋監督の学歴は広島県立世羅高等学校・中京大学
  • 【箱根駅伝】青学の原晋監督の若い頃もイケメンだが年齢を重ねてた現在もイケメン

ということがわかりました。

「伝説の営業マン」として活躍後、駅伝経験がないながらも独自の指導法を確立して青学を強豪校へと導いてきたその生きざまもカッコイイですよね!

原晋監督がイケメンでカッコいいのは見た目だけでなく中身もイケメンでカッコいいということでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。