COCOちゃんブログ
時短レシピ

豆腐を使って簡単!楽ちんチョコブラウニーの作り方!

洋菓子作りは、計量とか泡立てとか、ハードルが高いイメージがありませんか?

今日紹介するのは、なんと豆腐を使ったチョコブラウニーです。

豆腐とチョコブラウニー?不思議な組み合わせで、なかなかイメージがつきずらいかもしれませんね。

作り方はいたってシンプル、生地は、材料をぜ~んぶフードプロセッサーに入れて、一気にまぜるだけ!

豆腐のおかげで、食感がしっとり。

手作りならではのほんんのり優しい甘さです。

くるみの香ばしいかおりが、食欲をそそります。

がっつり甘いのがお好きな方は、砂糖の量を増やしてみてくださいね!

豆腐を使って簡単!魔法のチョコブラウニーを作ってみましょう

材料(12×18㎝の型 1台分)

木綿豆腐 ・・・・・・2/3丁(200g)
米粉(製菓用)・・・・・・・・・80g
かたくり粉 ・・・・・・・・・・20g
製菓用ココア・・・・・・・・・・20g
ベーキングパウダー・・・・・・・・5g
きび砂糖(または砂糖)・・・・・80g
りんごジュース(果汁100%のもの)50cc
くるみ ・・・・・・・・・・・・20g

 くるみ以外の材料をすべてフードプロセッサーに入れてる。

 材料がなめらかになるまで、かくはんし粉っぽさがなくなるまで、よく混ぜます。

 くるみは、できればフライパンでから煎りして香ばしく、包丁であらく砕く。

 型にクッキングシートを敷き、1をゴムベラを使って流しいれ、型に流し込んだら型を何度かトントンと机の上でたたき、均等なるようにする。

2のから煎りしたくるみをちらす。

 余熱して温めておいたオーブンを200°に設定して20分ほど焼く。
くるみの香ばしい香りがしてきたら食べごろです。

実は、うちの息子は、卵が食べれないので、我が家でのおやつは和菓子がメインです。

ケーキが食べたいと言われたらなんとかホットケーキでごまかしていました。

誕生日もホットケーキをかさねてケーキっぽくしていましたがイマイチ不評でした(/_;)。

それで息子は、小さいころから手作りのケーキに、憧れを持ってました。

幸いにも息子が、通っていた保育園の先生が、アイディアの天才で卵未使用でも、愛情こもった美味しいおやつをいつも作ってくださってました。

今でも感謝しかないのですが、なんとか私も作りたいと教えていただいた魔法のレシピです。

調理のポイントとアレンジメニュー

フードプロセッサーが、なければ、豆腐をざるでこしてボウルに入れて、残りの材料を加えて泡立て器でまぜても大丈夫です。

今回は、製菓用の米粉を使いましたが、小麦粉を使ってももちろんOKです。

調理ポイント
焼きあがったブラウニーをずっとオーブンに入れておくと、ココアの風味やクルミの香ばしさも飛んでいって味わいが損なわれてしまいます。

焼きあがったらすぐに取り出して冷ますことがポイントです。

焼きたてのブラウニーをすぐに切ると、生地がボロボロと崩れやすくなりますので、型に入れたまま冷まして、冷めたのを確認してからカットするときれいにカットできます。

アイスクリームを添えたり、メイプルシロップや生クリームをホイップしたのを横に添えて食べると贅沢なデザートに変身!

簡単アレンジ
くるみの代わりにドライ苺をトッピングしたり、オレンジピールを入れたり、アレンジを試してみるのもオススメです。

卵やバターを使わずでも簡単にできる魔法のおやつです!

まとめ

私は、洋菓子作りは、準備が大変!そして泡立てが難しそうとか、ハードルの高いイメージを持っていました。

でもこのレシピは、泡立てしなくてもしっかり膨らむし、失敗しようがない。

間違いないです!

豆腐のおかげで、生地もしっとりなめらかで息子も喜んで食べてくれる大好きなおやつの一品です。

洋菓子作りに抵抗を持っている人に特に作ってもらいたいお菓子です。

そして、私ってお菓子作りの天才?ってお菓子作りが好きになるきっかけになったら嬉しいです。

そんな簡単にできる魔法のブラウニーぜひお試しください。