COCOちゃんブログ
時短レシピ

冷凍お助けレシピ!冷凍でうまみが増すバターチキンカレーの作り方

バターチキンカレーは、ここ数年ぐらい人気がでてきて、コンビニや無印良品でもでていますね。

食べたことある方も多いと思います。

生クリームを使っているので、コクもスパイスの香りもあるけど、マイルドな味わいでお子さんにも人気ですよね!

今日は、バターチキンカレーを冷凍保存を上手に使って時短で作る方法と、味を変化させる裏技をご紹介したいとおもいます。

冷凍することで旨味が増す不思議なバターチキンカレーを作ってみましょう!

材料(4~5人分)

鶏もも肉  ・・・・・・2枚(600gぐらい)
・A(お肉の下味)プレーンヨーグルト 200g
・A 〃   カレー粉 ・・・・・・大さじ2
しょうがのすりおろし   ・・・・・・小さじ1
にんにくのみじん切り ・・・・・・・1かけ分
玉ねぎのみじん切り ・・・・・・・・・1個分
サラダ油       ・・・・・・・・大さじ1
● カットトマト ・・・・・・1缶(400g)
● 固形コンソメスープの素   ・・・・・1個
● バター   ・・・・・・・・・・・・40g
● しょうゆ、みりん ・・・・・・・各大さじ1
● 砂糖    ・・・・・・・・・・大さじ1
● 塩、中農ソース、カレー粉 ・・・各小さじ1
生クリーム   ・・・・・・・・・・大さじ3
ご飯     ・・・・・・・・・・・・・適宜

☆作り方&冷凍保存方法

 鶏もも肉は食べやすい大きさに切る。ポリ袋にAを入れて混ぜ、鶏肉を入れて味が染みこむように、よく揉み込みます。

 冷蔵庫で3時間以上おく。

 鍋にサラダ油、にんにく、しょうがを入れて弱火で熱する。

香りがたってきたら、玉ねぎを入れて3分以上炒めます。

フードプロセッサーでみじん切りを作った場合は、少し長めに炒めて玉ねぎの水分をとばします。

 ●の材料すべてと水200㎖を加えて中火にし、よく混ぜて5分以上煮込む。

 1を漬け汁ごと加えて混ぜ、弱火で20分以上煮込む。


 生クリームを加えてよく混ぜ、一煮立ちさせる。※

 火からおろし、しっかり冷めたら冷凍保存用袋に入れ、空気を抜きながら密封し、平にして冷凍する。

 冷凍せず食べる場合は、一晩おくととろっとして味がなじむ。

解凍の仕方&仕上げ調理

解凍の仕方
冷凍庫に移すか、流水にあてて自然解凍させます。

時間のないときは、レンジで解凍しても大丈夫ですが、少しお肉がかたくなるので、自然解凍のほうが、おすすめです!

仕上げ調理方法

・自然解凍の場合・・・・鍋に入れ弱火にかけて解凍したカレーを入れて温め、ご飯と一緒に器に盛ります。

・電子レンジの場合・・・耐熱皿にうつし電子レンジでサランラップをかけずに加熱したカレーをご飯と一緒に器に盛ります。

ワンポイントアドバイス

・玉ねぎのみじん切が、ちょっと面倒でしたらフードプロセッサーでかくはんしても大丈夫です。

・できあ上がりを食べて、もう少しコクがほしいな~というときは、生のニンニクや生の生姜のすりおろしや、隠し味にお醤油やビターチョコなどをほんの少しだけたすと風味とコクがアップ!

これは、普通のお袋の味のカレーのときも、使える隠し味です。

バターチキンカレーはマイルドでお子様でも食べれるカレーなのですが、辛いカレーじゃなきゃ嫌だ!という辛口派には、カイエンペッパー、チリペッパーなどで辛味を調節できます。

辛くなくてもスパイス風味がほしい~という方には、ガラムマサラ、ターメリック、シナモン、ウコン、グローブ、カルダモンなどカレーと相性のよいスパイスをお好みで追加してもいいと思います。

うちの息子の話になりますが、酸味が苦手なのですが、実はそういう方も少なくないと思います。

酸味を消すには、お砂糖を少しだけいれたり、はちみつ、すりおろしリンゴなどを入れると酸味が和らいで酸っぱいのが苦手な方も安心して食べられます。

カレーはいろいろアレンジがきくので、嬉しいですよね。

おまけのお役立ちワンポイント!

もしもバターチキンがドロドロになってしまった~大変!そんなときも大丈夫。

ついつい水を加えて薄めたくなりますが、それだと味も薄くなってコクもなくなってしまいます。

裏技ですが、トマトジュースを加えるの味も薄まらずドロドロから復活します!

まとめ

材料を準備するのに、ちょっとひと手間かかりますが、その苦労が報われる美味しさです。

ヨーグルトのおかげで、お肉が柔らかくジューシに変身してくて、さらに、冷凍保存することで、スパイスが染みこみいい仕事してけます♪

なにより食べたいときにささっと解凍して食べられますのは嬉しいですよね。

保存することで、旨味がお肉に染みこみ味がこられてマイルドになるので、一石二鳥レシピです♪

お店の美味しさをおうちで、手軽に楽しめますので、ぜひお試ししてみてくださいね。